「借入金の法律知識」の記事一覧

お金を返す(その3)-第三者弁済

画像2-3

1 お金を返しても良い第三者 前回、解説した保証人とは異なるのですが、似たような制度に、「第三者弁済」というものがあります。「第三者弁済」とは、保証人以外の人が代わりにお金を返してくれることをいいます。

お金を返す(その2)-お金を返すのはだれか

画像2-2

1 借金がなくなる場合 お金を借りたら、借りた人は貸した人に借金を負うことになります。この借金のことを、法律上は「債務(さいむ)」と呼んでいます。

お金を返す(その1)-お金の返し方

画像2-1

お金の返し方いろいろ お金を返すときは、原則として、お金を貸してくれた人のところに出向いて返すことになります。また、返すお金は、お金を貸した人がいる場所の通貨によることとなります。

お金を借りる(その7)-利息の天引きとみなし利息

画像1-7

1 利息の天引き 前回、「お金を借りる(その6)-元本の計算方法」で紹介したお金の貸し方のうち、AさんがBさんから借り入れたお金をそのままAさんに貸し渡すのではなく、あらかじめ利息を天引きしてお金を貸し渡すことを「利息の・・・

お金を借りる(その6)-元本の計算方法

画像1-6

1 利息制限法の定める元本の算定方法 前回取り上げた利息制限法という法律は、お金を貸し借りする際の上限利息について定めている法律です。

お金を借りる(その5)-賠償額の予定と上限利息

画像1-5

1 賠償額の予定とは? 2回にわたって、借入金を返さない場合の遅延損害金のことを取り上げましたが、もう一つ、遅延損害金については、「賠償額の予定」という制度があります。

お金を借りる(その4)-単利の原則と法定複利

画像1-4

1 法律が定める利息計算の方法 前回、「お金を借りる(その3)-約定利率と損害賠償」で、Aさんが、Bさんから期間を1年間、年利10%の利息を付ける約束で1,000万円を借りた場合を例に挙げました。

お金を借りる(その3)-約定利率と損害賠償

画像1-3

1 遅延損害金という名の損害賠償 Aさんが、Bさんから年利10%で1,000万円を借りて、1年後に返す約束をしたとします。この場合、Aさんは、1年後にBさんに1,100万円を返さなければなりません。

お金を借りる(その2)-民事と商事のちがい

画像1-2

1 利息の約定(やくじょう) すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、お金を貸し借りする契約(消費貸借契約)では、無利息が原則なので、借入金に対する利息の支払いを求めるためには、その約束が必要です。

お金を借りる(その1)-借入金の性質

画像1-1

1 はじめに 私たちは、普段の生活をしている間に、いろいろなお金の貸し借りをしています。「お金を借りる」と聞いてまず思い描くのは、銀行や消費者金融などでお金を借りる場面でしょう。

このページの先頭へ