お金を借りる(その1)-借入金の性質

1 はじめに

私たちは、普段の生活をしている間に、いろいろなお金の貸し借りをしています。「お金を借りる」と聞いてまず思い描くのは、銀行や消費者金融などでお金を借りる場面でしょう。
画像1-1
そのほかにも、例えば、銀行にお金を預けたり、買い物に行ってたまたま持ち合わせがないときに、あとでまとめて支払うことを約束した場合なども、広い意味ではお金を貸し借りしていることになるのです。

なぜなら、銀行は、お金を運用することで利益を得ていますね。このお金は、銀行が預金者から集めたものです。ですから、銀行にとって預金を集めるということは、銀行が預金者からお金を借り入れるということにもなるわけです。

icon-arrow-circle-right また、いくつか買った商品の代金を後日支払うという約束も、それぞれの商品について生じた代金の合計額を、売り手が一旦お客に貸し渡したことにして、その代金の総額を後日返済してもらうという約束に置き換えると考えれば、これもお金の貸し借りがあったことになります。

2 民事と商事

ところで、お金を貸し借りする契約が個人的な貸し借りであるのか、それとも事業や商売のために貸し借りをするのかによって、用いられる法律が異なる場合があるのをご存知でしょうか。

一般的なお金の貸し借りを、法律上、「消費貸借契約」といいますが、法律上は、個人的な貸し借りの場合を「民事」の消費貸借、事業や商売による貸し借りを「商事」の消費貸借といって使い分けるのです。

ただ、民事と商事とは全く別の考え方というわけではなく、お金の貸し借りには原則として民事の考え方を用い、特別な場合に商事のる考え方が用いられると考えてください。

icon-arrow-circle-o-right 民事の消費貸借というのは、例えば、自動車や不動産など高額の買い物をするときに、親族や知人からお金を借り入れたりするような場合が典型的です。

会社の飲み会などの会費を同僚から借りたりする場合も、後日、そのお金を返す予定であれば、民事の消費貸借にあたります。

icon-arrow-circle-o-right これに対して、商事の消費貸借というのは、実は思った以上にかなり頻繁に行われています。先ほど挙げた、銀行や金融機関からお金を借り入れる場合はもとより、商品代金をツケにしてもらうことも商事の消費貸借にあたる場合があります。

また、個人間の貸し借りであっても、それが商売のための資金に充てる目的だったり、事業立ち上げの資金など、事業を目的とする貸し借りである以上は、商事の消費貸借に当たります。

民事の消費貸借と商事の消費貸借とでは、借入金に対する利息や、消滅時効などに違いがみられます。詳しくは、次回(お金を借りる(その2)-民事と商事のちがい)で説明します。

このページの先頭へ