その9 保証人になることの意味と注意点

1 保証の意味

保証というのは、例えば、お金を借り入れるときに、そのお金が返せなくなった場合に代わりに返してもらうよう約束することをいいます。保証をする人のことを保証人といい、お金を貸してくれる人との間で保証契約を結ぶことにより保証が始まります。

保証人は、実際にお金を借りた人がお金を返さなければ、その借入金のみならず、利息や遅延損害金も含めた金額を肩代わりしなければならないので、とても大きな負担を負う可能性があります。

画像9-1

icon-exclamation-circle ところが、以前は、口約束でも保証契約が成立していたので、お金を借りる人が、せっぱつまって親兄弟や知人に保証人になってくれるよう頼み、それによって、保証人になった人が過大な借金を背負うという問題が頻発しました。

こうした問題を受けて、保証人になろうとする人のために、現在では、保証契約は、その詳細な条件を記載した契約書を作った上で締結するよう、法律が改正されました。

2 通常の保証と連帯保証

保証には、通常の保証と連帯保証があります。通常の保証というのは、実際にお金を借りた人が現実に返せなくなってから、代わりにお金を返すことをいいます。

icon-arrow-circle-right ですから、通常の保証人は、貸し手から返済を迫られたとしても、まず、借り入れた本人に返済を迫るよう言い返すことができるのです。

また、通常の保証人の場合、保証人の数によって、背負う可能性のある借金の額が変わってきます。保証人が一人の場合は、借入金全額を保証しなければなりませんが、二人以上だと、頭数で割った金額を限度として保証すればよいのです。

icon-arrow-circle-right これに対して、連帯保証の場合は、保証人の責任が重くなります。まず、通常の保証の場合と異なり、貸し手から返済を求められた場合にも、原則としてこれを拒むことができません。

また、連帯保証人が何人いようとも、保証する金額は、借入額の総額です。このように、連帯保証の場合は、実際にお金を借りた人と同様の立場に置かれてしまうことになるのです。

画像9-2

3 保証人になる際に考えておくべきこと

現在の実務では、お金を借り入れるときに、通常の保証契約を求められることはまずありません。保証と言えば、間違いなく連帯保証契約です。それでは、保証人を頼まれたときに、まず何を考えておくべきなのでしょうか。

icon-arrow-circle-right 第一に、保証する借入金の額と、利息を確かめる必要があります。保証人になる要件には、借入金の返済を求められたときに、そのお金を返すだけの資力が必要とされています。

逆に言えば、保証人になったということは、それだけの返済に責任を持たなければならないということです。

icon-arrow-circle-right 更に、冒頭で触れたように、保証には、利息や遅延損害金の支払いも含まれています。「その3 利息制限法と過払金の取扱い」の記事でも触れたように、法律で許されている上限利息は、実際上、結構な高額なのです。

また、借入金の利率が5%前後で設定されていたとしても、遅延損害金は、それよりもはるかに高額に設定されていることが多く、本当に、そのような金額を自分に支払うことができるのかということを考えておく必要があるでしょう。

icon-arrow-circle-right 次に、こうしたことから、実際にお金を借りる人と頻繁にコンタクトをとる方法を確保するべきです。保証債務を負担しなければならない場合とは、ほとんどが、実際にお金を借りた人が雲隠れしてしまうケースです。

画像9-3

言葉は、「連帯保証」ですが、実際には、保証人は、返済が滞ったときに自分が損をするという点では、お金を貸した人と似た立場にあるのです。

普通の会社が、取引先が夜逃げをしないように、取引先の状況を定期的に確認するのと同様、お金を借りた人から返済が滞りなくなされているかどうかを、適宜確認するのが望ましいと思います。

icon-arrow-circle-o-right そうすることで、お金を借りた人自身も、返済について責任を自覚することにもなるのです。


このページの先頭へ